一目で「これは使える」と思い、採用を決めました【株式会社グラスランチハウス様 千葉県】|地震対策本部.com 制震ダンパーの販売

一目で「これは使える」と思い、採用を決めました【株式会社グラスランチハウス様 千葉県】

一目で「これは使える」と思い、採用を決めました【株式会社グラスランチハウス様 千葉県】

株式会社グラスランチハウス様【千葉県】

今回は千葉と茨城を中心に注文住宅を提供している「株式会社グラスランチハウス」様にインタビューを行いました。

グラスランチハウス様は、自然素材、ダブル断熱、地熱や太陽の自然エネルギーを活用して高性能な住宅を提供し続けております。

この度、地震対策本部.comより、制振装置「αダンパーExⅡ」をご採用いただき、初めての施工として社長様の新築宅にダンパーを設置させていただきました。

そんな社長様とのインタビューをご覧ください。

 

株式会社グラスランチハウス様とのインタビュー

― この度は我々のαダンパーExⅡをご採用いただきありがとうございました。まず最初の質問です。制震を知ったきっかけについて教えてください。

阪神大震災がきっかけです。地震が起きた後、地震対策について色々調べてみました。そこで免震と制震があるということを知りました。

― 制震、免震にそれぞれどのような印象をお持ちになりましたか?

免震はコストの面や弊社のパネル工法に、適さないものがあるなど、費用に合う価値が出せるか不安でした。

対して制震はパネル工法にも対応し、コスト的にも免震より安く弊社でも導入しやすいと感じました。

― 制震に好印象を持たれたんですね。

はい。その後、東日本大震災の時には住宅が損傷しているのに、被害の内容によって地震保険が適用されない方がいるというのを知りました。

そんな方たちのためにも「耐震+制震」でお施主様を守っていく必要性を感じ、制震装置の採用を決めました。

株式会社グラスランチハウス様とのインタビュー

― そんな中α「ダンパーExⅡ」を採用しようと思った決め手は?

はじめは他社の制震装置を使っていたのですが、αダンパーExⅡを初めて見た時に小型で弊社のパネル工法に使いやすく、コスト的にも良心的で「これは使える」と思い、採用を決めました。

ストロークが短いのは性能面で少し気になりましたが、その点ついてはダンパーの本数を多く入れるようご提案いただいたので問題なく補えると思いました。

― 実際に設置してみての感想をお教えください。

制震装置を採用した状態で地震が来たらどうなるかを直接体験してみたいです。

それによりお客様に「これだけ費用をかけても設置するべきものです」という説明ができ、説得力が増すと思うので。

― これから私共に期待することがあればお教えください。

弊社は常にいいものがあれば取り入れたい、提供したいと考えているので、今回採用した制震ダンパーについても、もっとお施主様にアピールしてほしいです。

お施主様は制震の仕組みについてわかっていない方がほとんどであると思います。また、ニュースでも地震発生確率が上がっているというのも目にします。

だからこそ安全・安心のために費用をかけてでもダンパーをつける意味がある、つけることによりどういうメリットがあるといったことを発信し続けてほしいと思います。

― 本日はありがとうございました!

株式会社グラスランチハウス様とのインタビュー

インタビュー中、社長様の「うちは設計に強いこだわりがある。必要な住宅性能が得られないと思えば、たとえお施主様の要望であっても絶対に譲らない」という言葉が印象的でした。

そんなお客様の安全を第一に考えていらっしゃるグラスランチハウス様にご採用いただき、私共も非常にうれしい気持ちになりました。

今後もお客様に安心・安全を提供するため、引き続き制震装置「αダンパーExⅡ」を広めていきたいと思います。

 

グラスランチハウス様のHPはこちら